交通事故

よくあるお悩み

  • 弁護士に頼むと保険金の支払額が増えると聞いたが、本当なのか
  • まだ通院中なのに、治療費の支払いを打ち切ると言われた
  • むち打ち損傷を後遺障害と認めてもらえず、困っている

交通事故を弁護士に相談するメリット

弁護士が介入すると、多くの場合、相手方から受け取れる金額を増額できます。最も顕著なのは後遺症や入通院の慰謝料で、貰える金額が2倍以上に増えることも少なくありません。他にも支払われるべき項目が抜けているかもしれませんので、無料相談で確認してみてはいかがでしょうか。

保険会社との示談交渉に関する相談事例

ご相談内容

保険会社から支払額の案内(免責証書)が届いたが、適切な金額か確認したい。

無料相談のアドバイス

弁護士が介入した場合の基準で再度計算してみて、増額できるようであれば弁護士に依頼することをお勧めします。

正式依頼の結果

入通院慰謝料が80万のところ120万円に、後遺障害慰謝料40万円が110万円に、それぞれ増額された。

弁護士の一言

交通事故の被害者の場合、弁護士費用を差し引いても、弁護士に依頼するだけで支払額を増額できることが多いです。免責証書にサインする前に、是非、一度相談してみてください。増額できるかどうかアドバイスいたします。

過失割合に関する相談事例

ご相談内容

こちら側が完全に被害者なのに、過失割合が「8:2」でこちらにも過失があると言われた。どう考えても納得がいかない。

無料相談のアドバイス

追突された場合以外は、多くの場合、被害者にも過失があるとされてしまいます。ただ、過去の裁判例を蓄積したデータベースに従って、裁判した場合の見込みを確認してみましょう。

正式依頼の結果

過去の裁判例を蓄積したデータベースに従うと過失割合は「9:1」であると、保険会社に対し主張したところ、保険会社は過失割合を「9:1」に修正して保険金を支払った。

弁護士の一言

弁護士は、過去の裁判例を蓄積したデータベースに従って過失割合についてアドバイスすることができます。ご自身の事例の過失割合について知りたい場合、お気軽にご相談ください。

後遺障害が発生した場合の相談事例

ご相談内容

むち打ち(頸椎捻挫・腰痛捻挫)で治療を開始してから4カ月が経過したものの、なかなか良くならないので、保険会社から「そろそろ後遺障害に切り替えてみてはどうか」と言われた。今後どうなるのか知りたい。

無料相談のアドバイス

後遺障害の手続をするためには、お医者さんに「症状固定」という判断をしてもらう必要があります。しかし、症状固定と判断された後に辛くて病院に行っても、治療費は自分で払わなければならなくなります。また、むち打ちで後遺障害を申請しても、2割程度しか後遺症を認めてもらえないと言われています。後遺症を申請すべきか、よく考えてみましょう。

正式依頼の結果

「治療を継続したい」とのご意向を受け、保険会社と交渉し、治療費の支払を継続させた。

弁護士の一言

後遺症申請のメリット・デメリットはみなさんあまりご存じないと思いますので、一度弁護士にご相談ください。

交通事故に関する弁護士費用

まずは、ご本人、一緒に住んでいるご家族、同乗者の方が自動車保険等の「弁護士費用特約」に加入していないか確認してください。「弁護士費用特約」に加入している場合には、保険の等級が変わること無く、弁護士費用を300万円まで支払ってもらえます。

①着手金:請求金額の5%程度
②成功報酬:獲得できた利益の10%程度

※事案と請求額によってパーセントは上下しますので、相談時にお見積もりを提示します。

※上記価格は消費税別です。