企業法務

よくあるお悩み

いくら催促しても取引先がお金を払ってくれない
古くからある契約書を使っているが、この契約書を使っていて問題ないだろうか
コンプライアンスについてよくわからないが、従業員や関係者から訴えられないようにしたい

企業法務に関して弁護士に相談するメリット

契約書の中には、チェックすべき項目がいくつもあります。市販の雛形の焼き直しをするだけでなく、民法や商法の原則から考えて、契約書がどうあるべきか考えることができるのは弁護士だけです。また、取引先とのトラブルの解決や従業員とのトラブルの解決など、弁護士は幅広く企業の活動をサポートすることができます。困ったときには弁護士に相談してみてください。きっとお役に立てるはずです。

債権回収に関する相談事例

ご相談内容

お客様が売掛金を払ってくれません。約1000万円回収できていないのですが、どうしたらいいでしょうか。

無料相談のアドバイス

仮に支払いを求める裁判をして、請求を認容する判決が出たとしても、相手に資産がないければ回収できず、判決が無意味になってしまいます。まずは、差押えできる資産の有無や銀行口座等を確認してから方針を決めましょう。

正式依頼の結果

差し押さえられる財産が少ないと見込まれたので、ひとまず訴訟を提起するが、和解で分割払を約束させる戦略をとることにした。和解から1年かかったが、相手方は最後まできちんと支払った。

弁護士の一言

差し押さえられる財産が十分にある場合には、裁判を起こす前に2~3割の担保金を積んで仮に差し押さえることも可能です。色々な手法があるので、専門家である弁護士に相談してみてください。

契約書作成と確認に関する相談事例

ご相談内容

新しいビジネスを開始するにあたり、専用の契約書を作成したいのですが、どのような点に注意すれば良いでしょうか。

無料相談のアドバイス

基本となるのは、「いつ、どこで、誰が、誰に、なにをするか」、そして、「どの時点で、いくら、対価が支払われるのか」です。同時に、契約に違反した場合にどうするか明確に決めておくことも大切です。書式を丸写しするのではなく、ご依頼者様とクライアント様の間で話し合って、取引に応じた書面を作っていくのが、一般的な流れです。

正式依頼の結果

打ち合わせで必要な項目を箇条書きにし、それぞれの内容を明確にした上で、その項目を網羅する契約書を作成した。

弁護士の一言

友好的な取引先だからといって、違反した場合の細かい取り決めを避けていると、万が一の場合に、かえって関係をこじらせてしまう可能性があります。口に出しにくいのであれば、「弁護士から強く言われて困っている」と説得してみてください。無理を押しつけているわけではないので、お話も進めやすいと思います。

社内トラブルに関する相談事例

ご相談内容

従業員が部下にパワハラをしたとして社内で問題になっています。会社としてどのように対応したらいいのでしょうか。

無料相談のアドバイス

会社の就業規則に従って加害者をきちんと処分するとともに、被害者に慰謝料を支払うべきです。合わせて、余計なうわさが拡散することも防止する必要があります。インターネットの利用拡大で、社中のことが外に広まりやすくなり、風評被害を引き起こす可能性が高くなっています。

正式依頼の結果

加害者に対し社長の名前で降格処分を加えるとともに、被害者に慰謝料を支払うことで被害者と合意した。なお、事件を口外しないことを約束させるため、合意した慰謝料は、 相場より少し高めに設定した。

弁護士の一言

ハラスメント予防のための社員教育や研修のご相談も承っております。問題が起こってから対策するのではなく、早い段階で準備することをお勧めいたします。

従業員のメンタルヘルス対策で困っている経営者の方へ

会社は、従業員の健康に配慮しなければなりません(労働契約法5条)。過度のストレスで病気になれば、会社が責任を問われます。従業員のメンタルヘルス対策については、専門家にご相談ください。従業員のメンタルヘルス対策で平成27年12月に導入された、ストレスチェック制度に関するご相談も承りますので、気軽にお声がけください。なお、当職の父親である大野裕は、精神科医で、日本における認知行動療法の第一人者です。現在は「CBTストレスカウンセラー」の育成等、従業員の健康維持を図るための教育にも積極的に取り組んでおります。

顧問契約について

顧問契約を結べば、いつでも気軽に法律問題の相談にお答えいたします。メールでご相談いただければ、リサーチの上でご回答いたしますが、急ぎの場合にはお電話でも対応いたします。もちろん、顧問契約を結んでいる場合には、訴訟や交渉において割引価格にて対応いたします。いきなり顧問契約をすることをためらっていらっしゃるなら、まずは、個別の訴訟や交渉でご依頼ください。その結果を信頼していただいてから、今後に向けた継続的なお付き合いができればと思います。

企業法務に関する弁護士費用

  • 顧問料:月5万円~
  • 契約書チェック:1ページあたり1万円~
  • 契約書作成:1件10万円~
  • 債権回収等金銭に関する問題
    ①着手金:請求金額の5%程度
    ②成功報酬:獲得できた利益の10%程度

※事案と請求額によって金額やパーセントは上下しますので、相談時にお見積もりを提示します。

※上記価格は消費税別です。